WEBセミナー/3D形状検索による部品標準化・製品コスト削減事例

2022-03-15

製品設計のために設計者が使う時間の中で、部品検索・選定・新規部品設計の時間は、勤務時間の実に70%に相当します。

すなわち年間数千時間に及ぶ時間が、金銭的価値を生まない活動になっている可能性があります。それにより革新的な製品開発の時間が奪われ、新製品のタイムリーな市場投入の妨げになっています。

  • 「探すより作ったほうが早い」
  • 「同一部品に複数品番が割り当てられている」
  • 「似たような部品が次々に作られる」
  • 「マルチCAD利用時の部品共通化ができない」
  • 「購買部門が部品選定に関与できない」…

こうした課題を解決する戦略的パーツマネジメント「PARTSolutions」を活用することで、ものづくりにおける革新的な製品開発のための時間確保を支援し、継続的なコスト削減を実現する解決策をご紹介致します。

■開催日時

2022年3月15日(火)13時30分~15時30分(接続開始:13時15分)

■対象者

(業種) 精密機械、工作機械、各種製造装置、自動車部品、建設・農業機械
(部門) 設計、調達・購買、技術管理、情報システム、経営企画

■開催方法

ウェビナー(Teamsによる参加)

■参加費用

無料

■お申し込み

本セミナーは株式会社PLMジャパン様とキャデナス・ウェブ・ツー・キャド株式会社の共同開催となります。
プログラム詳細とお申し込み方法については以下のリンク先よりご覧ください。
https://plm.plmj.jp/2022/02/21/0315/

Go back