BIMとデジタル製品データ

なぜ、これほどまでに?

建築プロジェクトには、プランナー、建築家、構造設計者、技術者など、長い時間をかけて関わってくる人たちがたくさんいます。

もし、そのうちの誰かが必要な情報を受け取ることができなければ、計画したマイルストーンは必然的に遅れることになる。 そして、そのコストはどんどん膨らんでいく・・・。

また、プロジェクトはフェーズごとに分かれているため、各フェーズで他のシステムやツールを持つ新しいチームが活躍しています。

参加者全員が、特定の情報を必要とする個々の担当分野を持ち、最終的にそれを調整しなければならない。 そうすると、データが合わなくなることが多いんです。 

課題:建築部材のメーカーは、さまざまな要求を持つ何千人もの顧客に対して、建設プロジェクトの計画に必要な適切なデータを提供しなければなりません。

データの提供にあたっては、多様なCADシステム、分類、仕様、開発レベル、言語など、考慮すべきことが数多くあり、その結果、数百万通りもの組み合わせが考えられます。

すべての部品メーカーを満足させるために、どのように管理しているのですか?

ニーズを無視し、標準的なデータを頑なに提供することで?

ただ、うまくいかないんです。 製品データの特別な要件が満たされないと、不満を抱いた顧客はすぐに競合他社の代替品を探し始めるでしょう。

それとも、細かい作業を手作業で行い、目的のデータを生成しているのでしょうか?

おそらく無理があるのでしょう。 そのため、かなりの時間と人的資源が必要となります。 データパッケージが届くのを待つ間、お客様の不満は募るばかりです。