メーカーデータを最新に保つ

BIMcatalogs.netの深い統合(例:Autodesk Revit)により、製品カタログと製品データをユーザーが瞬時に利用できるようになりました。 建築家、デザイナー、TGA専門家、プランナーは、「設定、挿入、交換」が容易なシステムと豊富な設定オプションの恩恵を受けます。

オリジナルのメーカーデータへの一貫したリンクにより、挿入された3D BIM CADオブジェクトは常に最新の状態に保たれます。 電子製品カタログの製品情報が変更されると、Autodesk Revitの現在の設計に自動的に引き継がれます。

BIMcatalogs.netがなければ、製品データの更新は保証されません。

プロジェクトの期間は通常、長期にわたります。 プランナーは最初から、メーカーの現在のBIMデータにアクセスすることができます。 プロジェクトの途中でメーカーが製品データの修正を行った場合、プランナーはそのことを知らされず、古いBIMデータを使って作業を続けることになります。 最新の製品データを入手するためには、プランナー自身が能動的に手動で更新する必要があります。 そうすると、製品データが見落とされる可能性があります。 そうすると、設計が最新でなくなり、プロジェクトの実施にさまざまな問題が生じる可能性があります。

BIMcatalogs.net Content Pluginで製品データを最新に保つ

CADENASのBIMcatalogs.net Content Pluginを使えば、プランナーは「設定、挿入、置換」によってRevit RFAを簡単に挿入することができます。 直接RFA選択が得られ、必要に応じてデータを構成することができます。 CADENASプラグインの先進性とは。メーカーとプランナーは、プラグインを通じてBIMの全工程で連絡を取り合います。 メーカーが製品データを変更した場合、プランニングは自動的に更新されます。 プランナーは、手動で介入することなく、常に最新または拡張されたデータを受け取ることができます。 時間の節約にもなり、プロジェクトの後半で問題になるような古い情報が設計に含まれないようにすることができます。

メリットの概要