なぜ部品情報の検索が重要なのか

既存部品を検索せずに再設計していませんか?

部品マスターを検索せずに、すなわち既存部品の有無を確認せずにすぐに新しい部品を設計することは一見簡単であり魅力的です。しかしそれはエンジニアの貴重な作業時間の中で、本来の設計以外の余分な作業に携わる時間を増大させることに繋がります。

なぜ多くのエンジニアは検索を行わないのでしょうか?
それは、検索に多くの時間を浪費するような、不十分な管理システムのせいかもしれません。

不十分な検索や不要な再設計がもたらす結果:

  • 既存の製造図面を見つけることができず、再度作成する必要が生じる
  • 後の生産のためにCAMプログラミングを作成する必要が生じる
  • マスターデータと作業計画をERPやPLMで新たに作成する必要が生じ、莫大な時間と費用がかかる

自社設計する新規部品が高コストになる理由とは?

ロールスロイス社の調査によれば、自社設計の新規部品 1 点につき、約400点もの付属データが必要になることが判明しました。このため、ほぼすべての新規部品は基本的に高コストになります。また、不必要に作成されてしまった標準規格部品やサプライヤ部品も莫大なコストを発生させます。

既存部品を見つけ再利用することは、設計部門だけはなく製造・調達等、後工程の部門も含め、すべての部門において膨大な量の工数削減に繋がります。エンジニアの貴重な時間は、できるだけクリエイティブな新規設計や革新的な製品開発・アイディアの創造のために使うべきです。そのためにはどうすればいいでしょうか?

PARTsolutionsのインテリジェント検索メソッドで既存部品を素早く見つける

CADENASの戦略的パーツマネジメントPARTsolutionsに搭載された多様なインテリジェント検索メソッドを用いることで、メーカーが蓄積している膨大な部品データベースの中から再利用可能な既存部品を素早く見つけることができます。

これにより、エンジニアは不必要な新規部品を設計する手間をかけずに済み、革新的な製品の開発により多くの時間を注ぐことができるようになります。また、既存部品の再利用によりデータベース内の部品点数を削減することができ、製造・調達部門にかかるコストの継続的な削減も可能となります。

PARTsolutionsのインテリジェント検索メソッドの詳細については以下をご覧ください。

次のページ:インテリジェント検索 - 検索メソッド概要